テーマ:目を労るための運動

周辺視野を鍛えるためのトレーニング(簡易版)

一般的な「視力」とは、動かない対象にピントを合わせる「静止視力」の事です。一方、「周辺視野」とは、ピントが合っている対象の周囲にあるピントの合っていない全ての範囲の事で、特に「例えピントが合っていなくても、視界にあるその物体が何なのかを把握する能力」の事を言います。ここではそんな周辺視野を鍛えるためのトレーニング法について簡単に紹介して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動体視力を鍛えるためのトレーニング(簡易版)

一般的な「視力」とは、動かない対象へピントを合わせる「静止視力」の事です。一方、「動体視力」とは、動く対象にピントを合わせ続ける能力の事で、実は静止視力は高くても動体視力が低く、動くものにピントを合わせるのが苦手という人もいます。ここではそんな動体視力を鍛えるためのトレーニング法について簡単に紹介しています。 動く対象にピント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有酸素運動は目の健康に良い?(別ブログリンク)

有酸素運動では体温の上昇に伴い汗をかきます。汗の元となる水分は血液であるため、運動中は全身の細胞への血流が増えます。このため汗をかく事で目への血流も増え、栄養状態が改善されれば、目の健康にも一定の効果があると思われます。 一方、発汗の際には水分はもちろん、水溶性ビタミンやミネラルも一緒に排出されます。それらの摂取を怠った状態で有酸素運…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

視力トレーニング・ピント合わせ編(簡易版)

瞳孔から入った光はその裏側にある「水晶体」を通り、最終的に眼球内部の一番奥にある「網膜」に到達します。瞳孔は目の中に入る光の量を調節し、水晶体は筋肉によって薄くしたり厚くしたりする事で、網膜にピントを合わせる役割を持っています。「視力(静止視力)」とはそのピントを合わせる能力の事で、それに関わる筋肉が衰えたり、あるいは水晶体の柔軟性がな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

視力トレーニング・眼筋ストレッチ編(簡易版)

この記事では眼球の動作に関わる筋肉をストレッチする事で、眼球の可動域を広げるための方法を簡単に紹介しています。 眼球の可動域を広げるための眼筋ストレッチ まずは姿勢を正し、真っ直ぐ正面を向いて、鏡の中にいる自分を見ます。それがスタート位置です。その状態になったら、ゆっくりと顔を左へ向かせていきます。その際、顔はできるだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目の周囲にある筋肉をマッサージ・ストレッチする方法(別ブログリンク)

目を酷使した後では目の周囲にある筋肉が凝り固まった状態になります。ここではそんな目の周囲にある筋肉をマッサージするための方法について簡単に紹介しています。 目の周囲にある筋肉をマッサージする方法 主にマッサージを行うべき場所は、「目頭(両目の始まり部分の少し左上にある窪み)」、「眉間(両眉毛の始まり部分にあるグリグリ)」、「コメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more