テーマ:視力を改善する方法

緑内障と白内障・その違いについて

この記事では視力を低下させる目の病気としてよく聞く「緑内障」と「白内障」の違いについて簡単にまとめています。 緑内障とは? 眼球では「房水」という液体が循環しており、これが「角膜(黒目の表面を覆う膜の事)」や、その裏側にある「水晶体(瞳孔の裏にあるレンズの事)」など、血管のない組織にも栄養を送っています。この房水はその水晶体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目の健康を考える・花粉症の対策法まとめ

この記事では目の健康に影響を及ぼす「花粉症」について、その対策法を簡単にまとめています。 そもそも花粉症とは? 一般的に「アレルギー」とは、体外から侵入する異物に対して抗体を作り、再びその異物が侵入してきた際、その異物を抗体が攻撃する事によって起こる反応です。これは免疫機能の一つであり、そうして仮に異物が入ってきたとしても、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生活習慣も遺伝する?目の健康との関係(別ブログリンク)

視力には少なからず遺伝が関係しています。しかしどのような遺伝子を持っていても、それが全て見た目に分かりやすい形で現れる訳ではありません。例えばもし仮に優秀な頭脳を持って生まれてきても、不規則な生活をしてしまっては、その頭脳は効率良く働いてくれません。目の健康もそれと同じです。両親の視力が低くても、その子どもが同じように視力が低くなるとは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自律神経と目の健康の関係(別ブログリンク)

自律神経は呼吸や体温調節など、無意識の内に働いている様々な機能を制御しています。特に自律神経は活動の交感神経と休息の副交感神経に分けられ、上手くバランスを取り合っています。しかしストレスに対して非常に敏感で、過度なストレスがあると、そのバランスが悪くなり、ホルモンバランスが崩れてしまう事があります。ホルモンバランスが崩れ、睡眠習慣が崩れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タバコやお酒は目に悪い?(別ブログリンク)

タバコやお酒の過剰摂取は目の健康を悪化させます。例えばタバコに含まれる成分は活性酸素を作り、ビタミンCを破壊したり、動脈硬化を進行させたり、酸素の運搬を阻害したります。しかも依存性があり、大抵数年あるいは数十年の積み重ねがある人がほとんどです。一方、アルコールは肝臓へ負担をかけたり、粘膜に炎症を引き起こしたり、腸内細菌のバランスを崩れさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストレスと血糖値、目の健康との関係について(別ブログリンク)

ストレスを受けると様々なホルモンが分泌されます。例えばコルチゾール、ノルアドレナリン、アドレナリン、グルカゴン、成長ホルモン、性ホルモンなどです。これらには心身を活性化させ、ストレスに対峙する能力を高める作用がありますが、実は血糖値を上げる作用も持っています。このためストレスを受けると血糖値が上がりやすくなります。一方、そうして血糖値が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成長ホルモンや肝臓の働きと視力の関係(別ブログリンク)

成長ホルモンには細胞の成長を促す作用があります。特に眼球も年齢を重ねると共に成長しており、その分泌は視力にも大きく関係します。特に成長ホルモンは分泌後、そのまま作用をもたらす場合と、肝臓を経由して作用をもたらす場合とがあり、成長作用をもたらす場合、肝臓を経由して全身へ運ばれます。つまり肝臓の機能を正常化する事も、実は視力に関係しています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

視力と甲状腺ホルモンの関係(別ブログリンク)

甲状腺ホルモンは喉の付け根になる甲状腺から分泌されるホルモンで、新陳代謝の過程をスムーズにし、受け取った細胞のエネルギー代謝を活性化させる作用があります。全身の細胞に作用するため、分泌が悪くなると、基礎代謝が大きく低下し、細胞の健康を維持できなくなります。当然目の健康を維持する上でも重要になるでしょう。 そんな甲状腺ホルモンはアミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目を酷使した時に行うアイシングの方法

この記事では目を酷使した時のケアとしてオススメの「アイシング」の方法について私なりにまとめています。 アイシングを行う目的とは 眼球、眼球に繋がる筋肉、瞼の周囲にある筋肉、あるいは目の周囲にある神経などを働かせると、周囲のエネルギー代謝が上がり、血管が拡張され、血流が促進、温度も上昇します。これは目だけでなく、例えば腕や足な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周辺視野を鍛えるためのトレーニング(簡易版)

一般的な「視力」とは、動かない対象にピントを合わせる「静止視力」の事です。一方、「周辺視野」とは、ピントが合っている対象の周囲にあるピントの合っていない全ての範囲の事で、特に「例えピントが合っていなくても、視界にあるその物体が何なのかを把握する能力」の事を言います。ここではそんな周辺視野を鍛えるためのトレーニング法について簡単に紹介して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動体視力を鍛えるためのトレーニング(簡易版)

一般的な「視力」とは、動かない対象へピントを合わせる「静止視力」の事です。一方、「動体視力」とは、動く対象にピントを合わせ続ける能力の事で、実は静止視力は高くても動体視力が低く、動くものにピントを合わせるのが苦手という人もいます。ここではそんな動体視力を鍛えるためのトレーニング法について簡単に紹介しています。 動く対象にピント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有酸素運動は目の健康に良い?(別ブログリンク)

有酸素運動では体温の上昇に伴い汗をかきます。汗の元となる水分は血液であるため、運動中は全身の細胞への血流が増えます。このため汗をかく事で目への血流も増え、栄養状態が改善されれば、目の健康にも一定の効果があると思われます。 一方、発汗の際には水分はもちろん、水溶性ビタミンやミネラルも一緒に排出されます。それらの摂取を怠った状態で有酸素運…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近視と遠視と乱視・その違いについて

この記事では「近視」と「遠視」と「乱視」について私なりにまとめています。尚、私は医者ではありませんので、この記事には医学的には正しくないと思われる事も書かれているかもしれません。正直参考になるかどうかは分かりません。 近視とは? 通常、目に入る光は瞳孔によって光の量を調節され、その裏側にある水晶体を通って眼球内に入ります。水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目も日焼けする?紫外線対策をすべき(別ブログリンク)

紫外線を浴びるとメラニンができるという事はよく知られています。しかし実際はその前にまず「活性酸素」が発生し、それによる酸化反応によって「チロシン」というアミノ酸からメラニンが作られます。つまり活性酸素ができるのは正常な反応です。しかしその反応が制御できなければ、細胞のスムーズな分裂・合成ができなくなります。それを最小限に抑えるために「抗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何かを見る時、対象との距離が近いと視力が衰える

何かを長時間見続ける時、その対象と目との距離が近いと、それが視力低下の原因になる事があります。ここではそれについて私なりにまとめています。 「自分の近くで見る」という癖を直そう 例えば携帯やスマホの画面、携帯ゲーム機、あるいはテレビやPCなどの画面、本・新聞紙・雑誌の文字など、現代人は小さい文字や細かな絵を見る機会が増えてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドライアイは視力を低下させる?対策法等まとめ

目の表面が乾燥する「ドライアイ」は、視力の低下に大きく関係していると言われています。また目に関する様々な病気の引き金になるとも言われています。ここではそんなドライアイについて私なりにまとめています。 そもそもドライアイとは?何故起こる? ドライアイとは、別名「角膜乾燥症(かくまくかんそうしょう)」とも呼ばれており、簡単に言え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

視力トレーニング・ピント合わせ編(簡易版)

瞳孔から入った光はその裏側にある「水晶体」を通り、最終的に眼球内部の一番奥にある「網膜」に到達します。瞳孔は目の中に入る光の量を調節し、水晶体は筋肉によって薄くしたり厚くしたりする事で、網膜にピントを合わせる役割を持っています。「視力(静止視力)」とはそのピントを合わせる能力の事で、それに関わる筋肉が衰えたり、あるいは水晶体の柔軟性がな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

視力トレーニング・眼筋ストレッチ編(簡易版)

この記事では眼球の動作に関わる筋肉をストレッチする事で、眼球の可動域を広げるための方法を簡単に紹介しています。 眼球の可動域を広げるための眼筋ストレッチ まずは姿勢を正し、真っ直ぐ正面を向いて、鏡の中にいる自分を見ます。それがスタート位置です。その状態になったら、ゆっくりと顔を左へ向かせていきます。その際、顔はできるだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目の周囲にある筋肉をマッサージ・ストレッチする方法(別ブログリンク)

目を酷使した後では目の周囲にある筋肉が凝り固まった状態になります。ここではそんな目の周囲にある筋肉をマッサージするための方法について簡単に紹介しています。 目の周囲にある筋肉をマッサージする方法 主にマッサージを行うべき場所は、「目頭(両目の始まり部分の少し左上にある窪み)」、「眉間(両眉毛の始まり部分にあるグリグリ)」、「コメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姿勢が悪いと視力が悪くなる?

姿勢が悪いとそれが視力低下の原因になる事があります。ここではそれについて私なりにまとめています。 猫背と視力の関係 いわゆる「猫背」のように、背中が丸まった状態で、正面にある何かを長時間見続ける時には、黒目が瞼(まぶた)に近い位置で長時間固定されてしまいます。これは何故かというと、猫背によって首が前に垂れ下がり、頭の位置が下にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暗い場所で本を読むと目が悪くなる?

視力低下の原因として「暗い場所で本を読むと目が悪くなる」という事がよく言われます。ここではそれについて私なりにまとめています。 問題なのは明暗の「極端さ」 「瞳孔」は目の中に取り入れる光の量を調節する役割があります。そのため暗い場所では目の中により多くの光を取り入れようとし、瞳孔が大きく広がるという反応が起こります。これは無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more