テーマ:目を労るための生活習慣

緑内障と白内障・その違いについて

この記事では視力を低下させる目の病気としてよく聞く「緑内障」と「白内障」の違いについて簡単にまとめています。 緑内障とは? 眼球では「房水」という液体が循環しており、これが角膜(黒目の表面を覆う膜)や、その裏側にある水晶体(瞳孔の裏にあるレンズ)など血管のない組織にも栄養を送っています。この房水は水晶体や虹彩(水晶体の正面に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目の健康を考える・花粉症の対策法まとめ

この記事では目の健康に影響を及ぼす「花粉症」について、その対策法を簡単にまとめています。 そもそも花粉症とは? 一般的に「アレルギー」とは、体の外から侵入してきた異物に対して抗体を作り、再びその異物が侵入してきた際、その異物を抗体が攻撃する事によって起こる反応です。これは自分の身を守るために行われる正常な免疫機能の一種であり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生活習慣も遺伝する?目の健康との関係

視力には遺伝が大きく影響するとよく言われます。しかし普段は気にしないような、日常的に行っている些細な習慣の中に、目の健康に悪影響を与える要素が潜んでいる事もあります。特に「親からの生活習慣の遺伝」は、何の疑問も持たずにそのまま受け継がれてしまう事も多く、自分ではなかなか気付きにくいものです。ここではそんな「生活習慣の遺伝」について私なり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自律神経と目の健康の関係・夏バテを予防しよう

急な気温の上下動によってはいわゆる「夏バテ」が起こる事があります。夏バテの大きな原因は自律神経の乱れにあり、長期化する事では目の健康にも悪影響を及ぼす事があります。ここではそんな夏バテについて私なりにまとめています。 そもそも「夏バテ」とは? 「夏バテ」とは、急な気温の上下動に脳や体が適応できず、ある程度の長期間に渡り、心身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過剰摂取で目の健康に悪い?食品・栄養素まとめ

この記事では「積み重ねる」事によって、目の健康へ悪影響を及ぼす可能性がある食べ物、あるいは栄養素を簡単にまとめています。 食物繊維の過剰摂取で目の健康が悪化する事がある 食物繊維は一般的に「健康に良い」としてよく知られている栄養素の一つです。特に食物繊維は腸内細菌の餌になる事で腸内環境を改善し、それによって便通に効果があると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間食と目の健康の関係・上手く利用して栄養補給

間食ではお菓子を食べるイメージが強いのですが、栄養補給の手段として上手く利用する事で、目の健康を維持する事ができます。この記事ではそんな間食での栄養補給の方法について私なりにまとめています。 間食では「リン」の過剰摂取に注意する 「間食」と聞くと、例えば煎餅、饅頭、団子、ドラ焼き、ケーキ、ビスケット・クッキー、ポテトチップス、チ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よく噛んで食べる事は目の健康にも良い?

食べ物や栄養をスムーズに消化・吸収・利用するためには、よく噛んで食べる必要があります。ここではよく噛んで食べる事による効果について私なりにまとめてみます。 唾液の持つ重要な役割について 顎を閉じて何かを噛み締める事を「咀嚼」と言いますが、咀嚼をすると、口の中にある唾液腺から「唾液(プチアリン)」が分泌されます。唾液はいわゆる「ツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タバコやお酒は目に悪い?その効果について

タバコやお酒は目の健康に悪いなどと言われる事があります。ここではそんなタバコやお酒に含まれる成分やその効果について私なりにまとめています。 タバコは目に悪い?含まれている成分とその効果 ニコチンとは タバコには「ニコチン」という成分が含まれています。ニコチンは神経系に対して有害とされ、強い依存性があると言われています。その依存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

便通を改善するには?目の健康と腸内環境の関係

一見は関係のない事のように思えますが、腸内環境を整え、便通を改善する事も、実は目の健康を維持していく上では重要な事です。ここではそれについて私なりにまとめています。 老廃物の排出を促し、新陳代謝を促そう 人間は尿(小便)、大便、汗、皮脂、咳、クシャミ、鼻水、痰、涙などから、体内で不要となった老廃物、あるいは有害な物質などを排…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストレスに関わる様々なホルモンと視力の関係

この記事ではストレスに関係するとされる様々なホルモンについて私なりにまとめています。特に扱っているのは「ドーパミン」「ノルアドレナリン」「アドレナリン」です。 ドーパミンの役割について簡単に 例えばある特定の目標に向かって長期間に渡って努力を積み重ね、ある時、その目標としていた事を成し遂げたとします。すると、その成し遂げた瞬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストレスで高血糖?血糖値と視力の関係

ここでは「ストレス・血糖値等」と「視力」の関係について私なりにまとめています。 ストレスを受けると血糖値が上がる? 血糖値を下げる働きを持つホルモンとしてはインスリンが有名ですが、逆に血糖値を上げる働きを持つホルモンもあり、例えば成長ホルモン、ノルアドレナリン、アドレナリン、グルカゴン、コルチゾールなどのホルモンが挙げられま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成長ホルモン・IGF-1・肝臓等と視力の関係

ここで「ストレス・成長ホルモン・IGF-1・肝臓等」と「視力」の関係について、私なりにまとめています。 そもそも成長ホルモンとは? 成長ホルモン(ヒト成長ホルモンの事。略称はhGH)には、その名の通り「成長作用」があり、すなわち細胞の分裂や増殖を促す作用があると言われています。特に思春期前後においてその分泌が活発になると、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

視力に甲状腺ホルモンの分泌が関係する?

甲状腺ホルモンは新陳代謝を促す働きがあるとされるホルモンで、その分泌は目の健康にも影響を与えると言われています。この記事ではそんな甲状腺ホルモンについて私なりにまとめています。 甲状腺ホルモンの役割について 甲状腺ホルモンは喉仏の下辺りにある「甲状腺」から分泌されるホルモンです。特に甲状腺ホルモンには「古くなった細胞を取り除…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目を酷使した時に行うアイシングの方法

この記事では目を酷使した時のケアとしてオススメの「アイシング」の方法について私なりにまとめています。 アイシングを行う目的とは 眼球、眼球に繋がる筋肉、瞼の周囲にある筋肉、あるいは目の周囲にある神経などをよく動かすと、エネルギー代謝が上がり、周囲の温度が上昇、また血管が拡張され、血流も促進された状態になります。これは目だけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近視と遠視と乱視・その違いについて

この記事では「近視」と「遠視」と「乱視」について私なりにまとめています。尚、私は医者ではありませんので、この記事には医学的には正しくないと思われる事も書かれているかもしれません。正直参考になるかどうかは分かりません。 近視とは? 通常、目に入る光は瞳孔によって光の量を調節され、その裏側にある水晶体を通って眼球内に入ります。水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目の健康を維持するために必要な睡眠習慣まとめ

目の健康のためにと何か特定の食べ物を食べたり、あるいは特定の栄養素を摂取しようとする人は多いのですが、いくら体に良いものを摂取したとしてても、肝心の睡眠習慣が疎かになっていては身になりません。特に1日に行う数々の習慣の中でも睡眠は最も大きな割合を占めており、その積み重ねによる影響は我々が想像する以上に大きいものです。ここではそんな睡眠の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫外線は視力を低下させる?対策法まとめ

紫外線は細胞を酸化・劣化させる作用があり、浴び続ける事では目にダメージを蓄積させます。ここではそんな紫外線から目を守るための対策について、私なりに考えた事をまとめています。 そもそも何故「日焼け」をするのか 太陽から降り注ぐ光に限らず、「光」とは様々な波長の「電磁波」の総称です。電磁波と聞くと有害なイメージを持っている人もい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何かを見る時、対象との距離が近いと視力が衰える

何かを見続ける時、対象と目との距離が近いと、それが視力低下の原因になる事があります。ここではそれについて私なりにまとめています。 「自分の近くで見る」という癖を直そう 例えば携帯やスマホの画面、DS・PSPなどの携帯ゲーム機、あるいはテレビやPCなどの画面、本・新聞紙・雑誌の文字など、現代人は小さい文字や細かな絵を見る機会が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドライアイは視力を低下させる?対策法等まとめ

目の表面が乾燥する「ドライアイ」は、視力の低下に関係していると言われています。ここではそんなドライアイについて私なりにまとめています。 そもそもドライアイとは?何故起こる? ドライアイとは、別名「角膜乾燥症(かくまくかんそうしょう)」とも呼ばれており、簡単に言えば、「眼球表面の水分量が異常に減る事」を言います。 人間は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セロトニンの分泌が視力改善に繋がる?

「セロトニン」は昼間の活量力の源となり、特にドーパミンやノルアドレナリンなど精神状態に関わるホルモンをコントロールする役割があると言われています。つまりその分泌はストレスコントロールのために重要である他、特に視力の維持に必要な睡眠の質にも大きく関係しています。。ここではそんなセロトニンについて私なりにまとめています。 セロトニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姿勢が悪いと視力が悪くなる?

姿勢が悪いとそれが視力低下の原因になると言われています。ここではそれについて私なりにまとめています。 例えばいわゆる「猫背」のように背中が丸まった状態で、正面にある何かを見続ける時、黒目が瞼(まぶた)に近い位置で長時間固定されてしまいます。すると眼球を上へ動かすための筋肉が収縮し、逆に眼球の下側にある筋肉が常に伸ばされた状態に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暗い場所で本を読むと目が悪くなる?

視力低下の原因として「暗い場所で本を読むと目が悪くなる」という事がよく言われます。ここではそれについて私なりにまとめています。 「瞳孔」は目の中に取り入れる光の量を調節する役割があります。そのため暗い場所では目の中により多くの光を取り入れようとし、瞳孔が大きく広がるという反応が起こります。これは無意識に行われる反応なので、例え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メラトニンの分泌が視力を改善させる?

メラトニンは睡眠導入ホルモンとも呼ばれており、深い睡眠を得るために必要なホルモンの一種です。視力の維持には睡眠が必要不可欠であるため、メラトニンの分泌が重要です。ここではそんなメラトニンについて私なりに考えた事をまとめています。 メラトニンの役割について簡単に 前述のようにメラトニンは「睡眠導入ホルモン」とも呼ばれているホル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more