テーマ:目を労るための栄養素

目の健康を考える・花粉症の対策法まとめ

この記事では目の健康に影響を及ぼす「花粉症」について、その対策法を簡単にまとめています。 そもそも花粉症とは? 一般的に「アレルギー」とは、体外から侵入する異物に対して抗体を作り、再びその異物が侵入してきた際、その異物を抗体が攻撃する事によって起こる反応です。これは免疫機能の一つであり、そうして仮に異物が入ってきたとしても、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過剰摂取で目の健康に悪い食品や栄養素は?(別ブログリンク)

眼球やその周囲にある血管は非常に細く、血液の状態の影響を受けやすいです。1日2日程度で問題なくても、血液の状態が悪く、それが毎日毎年積み重なれば、目の健康に悪影響となります。特に重要なのは血糖値、血圧、血球、水分量、栄養です。 血糖値は糖の多い食事をする事で高くなり、細い血管を詰まらせたり、血管の壁を傷つけます。また血圧にはカリウムと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間食を上手く利用して目の健康を維持(別ブログリンク)

間食と聞くとお菓子を食べるイメージがありますが、ビタミンC、ビタミンB群、必須脂肪酸、マグネシウム、カリウム、亜鉛など、不足しやすい栄養素のため、その機会を効率良く利用するべきです。尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『間食を上手く利用し、不足しやすい栄養素を補給をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よく噛んで食べて目の健康を維持(別ブログリンク)

よく噛んで食べると唾液が分泌され、糖が少しだけ分解されます。その状態で胃腸に運ぶ事で、消化吸収がしやすくなり、糖の吸収が緩やかになります。このため血糖値の上昇も緩やかになり、血管への負担が減ります。これも目の健康を維持する上で重要な事です。尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腸内環境と目の健康の関係は?(別ブログリンク)

一見は関係ない事のように見えますが、腸内環境を整え、便通を改善する事も目の健康を維持するために重要な事です。何故なら腸内細菌が食物を分解する際、ビタミンB群というビタミンを作る事ができるからです。特にビタミンB群は糖・蛋白質・脂肪の代謝を補助するために必要不可欠なビタミンであり、その不足は当然目の健康を悪化させます。その他、腸内環境には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マグネシウムは眼精疲労に良い?(別ブログリンク)

マグネシウムはミネラルの一種で、神経伝達や代謝の補助の役割があります。特にリラックス作用があるとされ、眼精疲労に効くと言われる事があります。しかし元々の吸収率が悪いため、食品からはもちろん、サプリメントからも別途補給が必要と思われます。 尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルギニンは目の健康に良い?(別ブログリンク)

アルギニンはアミノ酸の一種で、コラーゲンの合成、成長ホルモンの分泌、毒性のあるアンモニアの分解、血管拡張作用のある一酸化窒素の生成などの役割があり、目の健康を維持するための役に立ちます。成長期では不足する事があり、人によってはサプリメントからの別途補給が必要と思われます。尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「ジャイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビタミンCは目に良い?(別ブログリンク)

ビタミンCには抗酸化作用、コラーゲンの合成、メラニンの抑制、免疫機能の維持などの役割があります。特に抗酸化により細胞を酸化ストレスから保護し、コラーゲンの合成を促すため、目の健康の維持に必要です。しかし熱や水に弱く、摂取してもすぐに排出されてしまうため、食品からはもちろん、サプリメントからも定期的な補給が必要と思われます。尚、当記事の内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルファGPCは目に良い?(別ブログリンク)

「アルファGPC(α-GPC)」には成長ホルモンの分泌や、神経伝達物質アセチルコリンの前駆体としての役割があります。 尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『アルファGPCで身長が伸びる?その効果について考える』にまとめているのでそちらをご覧下さい。 以下は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビタミンEは目に良い?(別ブログリンク)

ビタミンEには抗酸化作用があるとされ、活性酸素の異常な増殖を防ぎ、細胞を酸化ストレスから保護したり、脂肪の酸化を抑えてくれる役割などがあると言われています。この事から目の健康の維持に必要です。しかし脂溶性ビタミンのため、体に蓄積しやすく、過剰摂取のリスクもあります。サプリメントを利用する場合には注意が必要です。 尚、当記事の内容は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野菜や果物は目に良い?(別ブログリンク)

緑黄色野菜や果物はカリウムやビタミンが豊富に含まれていて栄養補給に最適です。特にカリウムは血圧を下げ、目の血管への負担を軽減します。またビタミンCやビタミンAには抗酸化作用があり、細胞を酸化から保護します。尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『緑黄色野菜を食べてビタミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビタミンB群は目に良い?(別ブログリンク)

ビタミンB群は8種類の「酵素のような働きをするビタミン」の総称であり、「補酵素」としての役割があります。代謝を補助する役割があり、目の健康の維持に必要です。腸内細菌でも合成できますが、食事からの摂取を基本とし、必要に応じてサプリメントを利用すべきです。尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナッツ類は目に良い?(別ブログリンク)

ナッツ類は全体としての栄養価が高く、ビタミン・ミネラルが豊富です。特にビタミンEとビタミンB群そしてミネラルがいずれも豊富で、目の健康の維持に役立ちます。一方、脂肪も豊富に含まれていてカロリーが高いため、食べすぎると逆効果になる事もあります。その点は注意すべきでしょう。尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コラーゲンは目に良い?(別ブログリンク)

コラーゲンは蛋白質の一種で、様々な種類のアミノ酸から作られています。口から摂取する事による効果については様々な説がありますが、少なくとも合成するための材料を補う事ができ、またその材料を摂取する事で、合成に関わる酵素を活性化させる作用があります。尚、合成にはビタミンCが必要な他、蛋白質のスムーズな合成を阻害する酸化を抑えるため、ビタミンA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肉や卵は目に悪い?(別ブログリンク)

動物性の食品である肉や卵は蛋白質の材料となる必須アミノ酸がバランス良く含まれており、目の健康の維持に必要です。しかし脂肪も豊富に含まれており、食べ過ぎれば逆効果になる事もあります。また必須脂肪酸のバランスが崩れる事では、アレルギー症状や炎症反応が強くなる事もあるようです。基本的には運動とセットになるでしょう。尚、当記事の内容は既に移転済…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海藻類は目に良い?(別ブログリンク)

海藻類には様々なミネラルが含まれていて、目の健康を維持するための栄養補給に適しています。一方、ナトリウムが多く、海藻類だけでミネラルを補給しようとすると塩分過多になってしまいます。カリウムを含む他の植物性の食品を一緒に食べ、バランスを取る必要があるでしょう。尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミネラルは目に良い?(別ブログリンク)

ミネラルは、必要量が多い「主要ミネラル」のナトリウム、マグネシウム、リン、カリウム、カルシウムと、必要量の少ない「微量ミネラル」であるクロム、マンガン、鉄、銅、亜鉛、セレン、モリブデン、ヨウ素に分けられ、いずれも人体にとって必須です。目の健康を維持するためには、これら全てのミネラルをバランス良く摂取しなければなりません。尚、当記事の内容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大豆は目に良い?(別ブログリンク)

目の健康を維持するためには蛋白質・ビタミン・ミネラルは欠かせません。その補給に適しているのが大豆です。大豆は必須脂肪酸、蛋白質(必須アミノ酸)、ビタミンB群、マグネシウム、カリウムなどがいずれも豊富で、非常に栄養価が高いです。尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『納豆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牛乳は目に悪い?(別ブログリンク)

牛乳は動物性の食品の一つで、蛋白質とカルシウムが豊富です。一方、脂肪も豊富に含まれる他、特に乳糖という糖が含まれ、これにより消化不良を起こす事があります。腸内細菌ではビタミンB群を合成できるため、それが目の健康に悪影響を及ぼす可能性はゼロではありません。一方、チーズやヨーグルトでは乳糖が少なく、また牛乳由来のプロテインも乳糖が少ないので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

必須アミノ酸は目に良い?(別ブログリンク)

蛋白質は様々な種類のアミノ酸から作られていますが、その中でも必須アミノ酸は最も基本的な材料となります。目の健康の維持にも当然必要です。しかし必須アミノ酸は全部で9種類あり、蛋白質を効率良く作るためにはその9種類のバランスが重要と言われています。特に動物性の食品は植物性の食品よりも必須アミノ酸のバランスが良いため、動物性の食品を過度に制限…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目の健康にはアミノ酸スコアが重要(別ブログリンク)

蛋白質を構成する必須アミノ酸には9種類あり、蛋白質を効率良く作るためにはそのバランスが重要です。そのバランスを意味する指標の事をアミノ酸スコアと言います。アミノ酸スコアは100が最高なので、目の健康を維持するためにはアミノ酸スコアが100となるような食事が理想です。アミノ酸スコアの高い動物性の食品と、アミノ酸スコアの低い植物性の食品を上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目も日焼けする?紫外線対策をすべき(別ブログリンク)

紫外線を浴びるとメラニンができるという事はよく知られています。しかし実際はその前にまず「活性酸素」が発生し、それによる酸化反応によって「チロシン」というアミノ酸からメラニンが作られます。つまり活性酸素ができるのは正常な反応です。しかしその反応が制御できなければ、細胞のスムーズな分裂・合成ができなくなります。それを最小限に抑えるために「抗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビタミンAは目に良い?(別ブログリンク)

ビタミンAには抗酸化作用があり、皮膚や粘膜の健康維持に必要不可欠なビタミンと言われています。当然目の健康の維持にも必要です(視力を向上させるような効果ではない)。しかしレチノールは過剰摂取の懸念が、一方、βカロテンだけでは不足する事があります。上手くバランスを考えて摂取する事が重要です。尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゼアキサンチンとルテインは目に良い?摂取方法等まとめ

ゼアキサンチンとルテインは俗に「目に良い」と言われる事がある栄養素です。ここではそんなゼアキサンチンとルテインについて私なりにまとめています。 ゼアキサンチンとは? 目に入る光は、まず瞳孔によって眼球内部に入る光の量を調節しています。その瞳孔の裏側には水晶体と呼ばれるレンズのようなものがあり、これを薄く伸ばしたり、逆に分厚く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ω-3脂肪酸は目に良い?(別ブログリンク)

ω-3脂肪酸は必須脂肪酸の一種で、人体にとって必須です。特に血液の流動性を高め、血管への負担を軽減します。また抗酸化作用があり、細胞を酸化ストレスから保護します。このため目の健康にも重要です。尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『ω-3脂肪酸とω-6脂肪酸について知っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アントシアニンは目に効く?サプリメント利用時の注意点まとめ

アントシアニンはフラボノイドの一種(フラボノイドはポリフェノールの一種でもある)で、俗に「目に良い」などと言われています。ここではそんなアントシアニンについて、実際の効果や摂取方法などを私なりにまとめています。 アントシアニンの効果について簡単に アントシアニンはフラボノイドの一種(フラボノイドはポリフェノールの一種でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more