目の周囲のマッサージ法・顔筋のストレッチ法

目を酷使した後では目の周囲にある筋肉が凝り固まった状態になります。ここではそんな目の周囲にある筋肉をマッサージするための方法について簡単に紹介しています。 目の周囲にある筋肉をマッサージする方法 マッサージを行う場所は「目頭(両目の始まり部分の少し左上にある窪み)」、「眉間(両眉毛の始まり部分にあるグリグリ)」、「コメカミ付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニンジンは目に良い?ビタミンAの摂取方法等まとめ

ビタミンAには強い抗酸化作用があり、皮膚や粘膜の健康維持に必要と言われています。特にそれを多く含むニンジンは俗に「視力に良い」などとよく言われます。しかしビタミンAは脂溶性ビタミンのため、過剰摂取のリスクがあると言われています。ここではそんなビタミンAの役割と、摂取する際の注意点などについて私なりにまとめています。 ビタミンAの役…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゼアキサンチンとルテインは目に良い?摂取方法等まとめ

ゼアキサンチンとルテインは俗に「目に良い」と言われる事がある栄養素です。ここではそんなゼアキサンチンとルテインについて私なりにまとめています。 ゼアキサンチンとは? 目に入る光は、まず瞳孔によって眼球内部に入る光の量を調節しています。その瞳孔の裏側には水晶体と呼ばれるレンズのようなものがあり、これを薄く伸ばしたり、逆に分厚く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ω-3脂肪酸は目に良い?摂取方法等まとめ

アミノ酸では人体にとって必須とされる「必須アミノ酸」がありますが、実は脂肪にも人体にとって必須とされる「必須脂肪酸」があります。特に必須脂肪酸はα-リノレン酸・EPA・DHAという3種類の「ω-3脂肪酸」と、リノール酸・γ-リノレン酸・アラキドン酸という3種類の「ω-6脂肪酸」に分けられますが、これらの中でもω-3脂肪酸は俗に「目に良い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アントシアニンは目に良い?摂取方法等まとめ

アントシアニンはフラボノイドの一種(フラボノイドはポリフェノールの一種でもある)で、俗に「目に良い」などとよく言われます。ここではそんなアントシアニンについて、その効果や摂取方法などを私なりにまとめています。 アントシアニンの効果について簡単に アントシアニンはフラボノイドの一種(フラボノイドはポリフェノールの一種でもある)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セロトニンの分泌が視力改善に繋がる?

「セロトニン」は昼間の活量力の源となり、特にドーパミンやノルアドレナリンなど精神状態に関わるホルモンをコントロールする役割があると言われています。つまりその分泌はストレスコントロールのために重要である他、特に視力の維持に必要な睡眠の質にも大きく関係しています。。ここではそんなセロトニンについて私なりにまとめています。 セロトニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姿勢が悪いと視力が悪くなる?

姿勢が悪いとそれが視力低下の原因になると言われています。ここではそれについて私なりにまとめています。 例えばいわゆる「猫背」のように背中が丸まった状態で、正面にある何かを見続ける時、黒目が瞼(まぶた)に近い位置で長時間固定されてしまいます。すると眼球を上へ動かすための筋肉が収縮し、逆に眼球の下側にある筋肉が常に伸ばされた状態に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more