周辺視野を鍛えるためのトレーニング(簡易版)

一般的な「視力」とは、動かない対象にピントを合わせる「静止視力」の事です。一方、「周辺視野」とは、ピントが合っている対象の周囲にあるピントの合っていない全ての範囲の事で、特に「例えピントが合っていなくても、視界にあるその物体が何なのかを把握する能力」の事を言います。ここではそんな周辺視野を鍛えるためのトレーニング法について簡単に紹介して…

続きを読むread more

動体視力を鍛えるためのトレーニング(簡易版)

一般的な「視力」とは、動かない対象へピントを合わせる「静止視力」の事です。一方、「動体視力」とは、動く対象にピントを合わせ続ける能力の事で、実は静止視力は高くても動体視力が低く、動くものにピントを合わせるのが苦手という人もいます。ここではそんな動体視力を鍛えるためのトレーニング法について簡単に紹介しています。 動く対象にピント…

続きを読むread more

有酸素運動は目の健康に良い?(別ブログリンク)

有酸素運動では体温の上昇に伴い汗をかきます。汗の元となる水分は血液であるため、運動中は全身の細胞への血流が増えます。このため汗をかく事で目への血流も増え、栄養状態が改善されれば、目の健康にも一定の効果があると思われます。 一方、発汗の際には水分はもちろん、水溶性ビタミンやミネラルも一緒に排出されます。それらの摂取を怠った状態で有酸素運…

続きを読むread more

マグネシウムは眼精疲労に良い?(別ブログリンク)

マグネシウムはミネラルの一種で、神経伝達や代謝の補助の役割があります。特にリラックス作用があるとされ、眼精疲労に効くと言われる事があります。しかし元々の吸収率が悪いため、食品からはもちろん、サプリメントからも別途補給が必要と思われます。尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「腹筋を割る方法について考える」にある記事『…

続きを読むread more

アルギニンは目の健康に良い?(別ブログリンク)

アルギニンはアミノ酸の一種で、コラーゲンの合成、成長ホルモンの分泌、毒性のあるアンモニアの分解、血管拡張作用のある一酸化窒素の生成などの役割があり、目の健康を維持するための役に立ちます。成長期では不足する事があり、人によってはサプリメントからの別途補給が必要と思われます。尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「腹筋を…

続きを読むread more