ストレスと血糖値、目の健康との関係について(別ブログリンク)

ストレスを受けると様々なホルモンが分泌されます。例えばコルチゾール、ノルアドレナリン、アドレナリン、グルカゴン、成長ホルモン、性ホルモンなどです。これらには心身を活性化させ、ストレスに対峙する能力を高める作用がありますが、実は血糖値を上げる作用も持っています。このためストレスを受けると血糖値が上がりやすくなります。一方、そうして血糖値が…

続きを読むread more

成長ホルモンや肝臓の働きと視力の関係(別ブログリンク)

成長ホルモンには細胞の成長を促す作用があります。特に眼球も年齢を重ねると共に成長しており、その分泌は視力にも大きく関係します。特に成長ホルモンは分泌後、そのまま作用をもたらす場合と、肝臓を経由して作用をもたらす場合とがあり、成長作用をもたらす場合、肝臓を経由して全身へ運ばれます。つまり肝臓の機能を正常化する事も、実は視力に関係しています…

続きを読むread more

視力と甲状腺ホルモンの関係(別ブログリンク)

甲状腺ホルモンは喉の付け根になる甲状腺から分泌されるホルモンで、新陳代謝の過程をスムーズにし、受け取った細胞のエネルギー代謝を活性化させる作用があります。全身の細胞に作用するため、分泌が悪くなると、基礎代謝が大きく低下し、細胞の健康を維持できなくなります。当然目の健康を維持する上でも重要になるでしょう。 そんな甲状腺ホルモンはアミ…

続きを読むread more

目を酷使した時に行うアイシングの方法

この記事では目を酷使した時のケアとしてオススメの「アイシング」の方法について私なりにまとめています。 アイシングを行う目的とは 眼球、眼球に繋がる筋肉、瞼の周囲にある筋肉、あるいは目の周囲にある神経などを働かせると、周囲のエネルギー代謝が上がり、血管が拡張され、血流が促進、温度も上昇します。これは目だけでなく、例えば腕や足な…

続きを読むread more

周辺視野を鍛えるためのトレーニング(簡易版)

一般的な「視力」とは、動かない対象にピントを合わせる「静止視力」の事です。一方、「周辺視野」とは、ピントが合っている対象の周囲にあるピントの合っていない全ての範囲の事で、特に「例えピントが合っていなくても、視界にあるその物体が何なのかを把握する能力」の事を言います。ここではそんな周辺視野を鍛えるためのトレーニング法について簡単に紹介して…

続きを読むread more