ストレスと血糖値、目の健康との関係について(別ブログリンク)

ストレスを受けると様々なホルモンが分泌されます。例えばコルチゾール、ノルアドレナリン、アドレナリン、グルカゴン、成長ホルモン、性ホルモンなどです。これらには心身を活性化させ、ストレスに対峙する能力を高める作用がありますが、実は血糖値を上げる作用も持っています。このためストレスを受けると血糖値が上がりやすくなります。一方、そうして血糖値が上がると、今度はインスリンが分泌され、血糖値が下がります。そして血糖値が下がると、今度は再びそれらのホルモンが分泌され、血糖値が上がります。これが血糖値が安定化するまで行われます。

血糖値を下げるためには糖が細胞へ取り込まれる必要があります。しかし全ての細胞が糖を欲している訳ではありません。糖は肝臓や筋肉に蓄える事ができますが、その量には限りがあります。そのため特に糖の多い食事をした後では、一部の糖は行き場を失い、血液中を漂う事になります。糖の多い血液は流れづらいので、細い血管を詰まらせたり、血管の壁を傷つけてしまいます。食事した後、毎日それが繰り返されれば、目の健康には当然良くありません。このように血糖値には食事の内容が大きく関係しますが、実はストレス状態も大きく関係しており、ストレスコントロールをする事も、血糖値の調節、及び目の健康の維持に繋がります。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『ストレスで高血糖に?血糖値の調節に関わる様々なホルモン』にまとめているのでそちらをご覧下さい。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0