自律神経と目の健康の関係(別ブログリンク)

自律神経は呼吸や体温調節など、無意識の内に働いている様々な機能を制御しています。特に自律神経は活動の交感神経と休息の副交感神経に分けられ、上手くバランスを取り合っています。しかしストレスに対して非常に敏感で、過度なストレスがあると、そのバランスが悪くなり、ホルモンバランスが崩れてしまう事があります。ホルモンバランスが崩れ、睡眠習慣が崩れれば、目の休養ができませんから、当然目の健康にも良くありません。
また自律神経はそのように活動と休息の役割があり、そのメリハリが重要です。最近では寝る前にスマホを弄る人も多いですが、寝るべき時にそのような事をすれば、当然自律神経は興奮し休めず、睡眠の質を低下させるのはもちろん、自律神経のバランスを崩させ、ストレス耐性を低下させる原因になります。特にストレスなどの精神状態は視力に大きく関係していると言われています。これは何故かというと、自律神経が視力(ピント合わせ。自律神経失調症になると視力が低下する事がある)も調節しているからです。そのため目の健康を維持するためにはストレスコントロールも重要です。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『生活習慣に規則的なリズムを作り、自律神経を働かせよう』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0