タバコやお酒は目に悪い?(別ブログリンク)

タバコやお酒の過剰摂取は目の健康を悪化させます。例えばタバコに含まれる成分は活性酸素を作り、ビタミンCを破壊したり、動脈硬化を進行させたり、酸素の運搬を阻害したります。しかも依存性があり、大抵数年あるいは数十年の積み重ねがある人がほとんどです。一方、アルコールは肝臓へ負担をかけたり、粘膜に炎症を引き起こしたり、腸内細菌のバランスを崩れさせたりします。また中枢神経を麻痺させる作用があり、過剰摂取によっては脳の機能を低下させる事もあります。尚、「過剰摂取によっては」とは言いましたが、最近の研究でアルコールも摂取量に限らず、細胞に対して毒性をもたらすという事が言われてきています。そもそもアルコールは摂取する習慣のある人ほど摂取量が多いものです。当然目の健康にも良くないでしょう。

尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『タバコとお酒の作用について考える』にまとめているのでそちらをご覧下さい。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0