必須アミノ酸は目に良い?(別ブログリンク)

蛋白質は様々な種類のアミノ酸から作られていますが、その中でも必須アミノ酸は最も基本的な材料となります。目の健康の維持にも当然必要です。しかし必須アミノ酸は全部で9種類あり、蛋白質を効率良く作るためにはその9種類のバランスが重要と言われています。特に動物性の食品は植物性の食品よりも必須アミノ酸のバランスが良いため、動物性の食品を過度に制限せず、上手く組み合わせながら食べていく事が重要です。尚、当記事の内容は既に移転済みです。詳細については別ブログ「身長を伸ばす方法について考えてみた」にある記事『各種アミノ酸の役割について簡単に理解しよう』にまとめているのでそちらをご覧下さい。




必須アミノ酸は基本的に「蛋白質を多く含む食品」から摂取できます。よって蛋白質を多く含む肉、魚、卵、乳などを日常的に食べている人では、サプリメントを利用して必須アミノ酸や蛋白質を別途補給する必要はありません。ただし好き嫌い、食物アレルギー、あるいは元々少食で動物性の食品を食べる事が難しいなどの場合では不足する事があります。また激しい運動習慣のある人、激務で過労が続いている人、ストレス環境にいる人では必要量が増えます。そんな人に以下のような商品をオススメします。











Source Naturals 5-HTP(オオサカ堂商品リンク)



これはセロトニンの材料になる「5-HTP(ヒドロキシトリプトファン:トリプトファンが代謝される過程で作られる)」のサプリメントです。摂取方法は起床直後や間食時など特に空腹時に、1回50~100mgずつを小分けにして摂取すると良いと思われます。ただしトリプトファンは下痢しやすいので摂取量は各自調節、また寝る前や運動前での摂取にはあまり適していません。タイミングや摂取量には十分注意しましょう。ご利用は自己責任で。
ナウフーズ チロシン



チロシンはフェニルアラニンから合成されるアミノ酸です。ドーパミンやノルアドレナリンなど重要なホルモンの材料になると言われている他、メラニンの正常な合成にも必要なアミノ酸です。摂取方法は起床直後や間食時などやはり空腹時に、1日1g程度を目安に、それを小分けにして摂取すると良いと思われます。ただし蛋白質(必須アミノ酸)の摂取量が少ない場合以外では、基本的に別途補給する必要はありません。タイミングや摂取量には十分注意しましょう。
バルクスポーツ アイソプロ



これは蛋白質を補給する事ができるプロテインです。特にこのプロテインは「WPI(Whey Protein Isolate)」という精製法で作られ、蛋白質以外の不純物が殆ど含まれていません。そのため乳製品由来の「乳糖」でお腹が緩くなるという人も飲む事ができます。摂取量は1回20~40g程度。摂取するタイミングは運動後がベスト、それ以外は食事内容を見て毎食時に飲むと良いでしょう。尚、蛋白質以外の栄養素を摂取する事はできないため、他のサプリメントで別途補給する必要があります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0